お香

お香を焚く

お香の香りに癒されています

昔からこのお香でリラックスするのが好きなんですよね

お香の香りと立ち揺らぐ煙をぼーっと見るのが好きです

 

お香は本来、釈迦・沈香・白壇等の天然香木の香りの事をいいます

 

仏教発祥の地 インドには多くの香木の産地です

本来の使用方法は、熱い気候による悪臭を防いだりするため、お香はその役割を持っています

 

仏教では、お香を焚くと不浄の払い心を洗浄するなども意味があるみたいです

 

お香の歴史は古くて紀元前3000年前のメソポタミア文明から使用されています

 

実際に僕が使用しているのは、香りに包まれることで、脳内のα波や、エンドルフィンなどの心地よさをもたらす物質が分泌されて癒し効果があるそうです。

※エンドルフィン→脳内で昨日する神経伝達物質のひとつ。無い財政鎮痛系にかかわり多幸感をもたらすと考えられている

 

機会があればぜひ試してみてください

 

 

使用カメラ

NIKON P900